300記事書いてもブログで稼げない理由

目安時間:約 16分

どもども、うめです。

 

 

「稼げるまで作業マシーンになれ!」

 

トレンドブログやごちゃまぜブログをやっていると

よく言われませんか?

 

マシーンと化してとにかく記事を書いて書いて書きまくれ!

 

と。

 

 

確かにわかります。

 

 

200、300記事が当たり前に書く必要があって、

最速で情報を仕入れて作業マシーンと化して

鬼のように作業をする。

 

 

確かに、

トレンドブログやごちゃまぜブログで結果を出すには

そのくらいは必死にやらなければならないのでしょう。

 

 

そこまでしなければ誰よりも早く、

誰よりも大量に記事を投稿しなければ、

稼ぐ事は難しいのでしょう。

 

 

けれど僕はあえて言います。

 

いくら稼ぐ為だと言っても、

作業マシーン化しては稼く事は出来ません!

 

 

という事で今日は

「作業マシーンになると稼げない!」

と言うお話をしたいと思います。

 

機械が書いた様な記事を誰が読むのでしょうか?

全力で記事を書き続けなければ埋もれて行ってしまう、

ライバルに勝つにはライバルより大量にコンテンツを

ぶち込まなければならない。

 

 

確かに、

トレンドブログやごちゃまぜブログ稼ぐ為には

作業マシーン化は必須なのかもしれません

 

 

で、

そのマシーンが書いた記事は、

一体誰が読んでくれるのでしょうか?

 

マシーンが書いた記事は、

読んで喜ばれるモノなのでしょうか?

楽しいモノなのでしょうか?

 

マシーンが書いた記事に、

一体誰が価値を感じるのでしょうか?

 

 

そもそも、

機械が書いても人々に読まれて喜ばれる様な記事だったら、

もはやあなたが書く必要ないですよね。

 

 

そんな記事は

記事作成ツールで十分という事になってしまいます。

 

 

どこでも拾ってこれる情報がただ羅列している。

ただ最速で最新ニュースを拾って情報を羅列する。

 

 

あなたじゃなくても出来るんじゃね?

 

 

と言う話です。

 

 

誰でも書ける情報を機械的に書いて行っても、

そんな記事は記事作成ツールで作った記事と

何も変わりません。

 

 

サイトアフィリエイトで

記事作成ツールが流行ったこともありましたが、

今ではGoogleの逆鱗に触れて

ほとんどの記事が圏外に飛ばされてしまいました。

 

 

当たり前ですよね。

 

例え検索エンジンのアルゴリズムの条件だけ満たして

上位表示することができても、

そんな記事に1mmも価値なんて無いんですから。

 

 

キーワードが入っていれば上位表示される。

文字数をたくさん書けば上位表示される。

記事をたくさん投稿すれば上位表示される。

 

確かに「上位表示させる方法」としては、

まちがってはいません。

 

 

検索されるにはキーワードは必要だし、

中身の濃い記事を書こうと思ったら文字数は必要だし、

ブログを成長させるには記事数は必要になって来ます。

 

 

ただ、

中身に価値がなければ

ただ上位に表示されても意味がありません。

 

 

ただ上位に表示させて、

ただお金を稼ぐ。

 

Googleからしたらそんな記事は

ゴミ以外何ものでもありません。

 

 

Googleにとってそんなゴミ記事を

検索エンジンにヒットさせるメリットなんて

何一つありません。

 

 

ですから記事作成ツールで作ったブログ、

そこからリンクが貼られているブログなどは

繰り返される検索エンジンのアップデートで

根こそぎ圏外に飛ばされて行ってしまったんです。

 

 

「サイトアフィリは稼げなくなった」

と言われる一つの要因です。

 

 

では、

人が作業マシーンと化して書いた記事はどうなのか?

 

 

確かに自分で書けば、

Googleからペナルティを受けることは

無いかも知れません。

 

 

けれど、

そんな機械が書いたような全く気持ちが入っていない記事は、

記事作成ツールが作った記事となんの違いがあるのか?

 

と言う事なのです。

 

 

きちんとキーワードを拾ってそれなりの記事を書けば、

確かに検索上位に表示され

アクセスは集まるかも知れません。

 

 

ただ、

記事を読んだ人が何も価値を感じなければ、

何も面白いと思わなければ、

一瞬で離脱されどんどん評価は落ちて行ってしまいます。

 

 

SEOを駆使し、

きちんとキーワードを拾って、

頑張って文字数も膨らませて、

とにかく上位に表示させる。

 

 

頑張れば頑張るほどマシーンが書いた様な

面白くない記事が露呈されて行って、

ブログの価値がどんどん下がって行ってしまう。

 

 

あなたのブログ、

そんな悪循環が生まれていませんか?

 

 

アクセスが集まれば集まるほど評価が下がってしまう。

そんなブログになってしまっていませんか?

 

 

ブログ自体の価値が下がってしまうと

当然、上位表示もされにくくなってしまいます。

 

 

全然上位表示されないもんだから、

より最新の情報を集めなくちゃ、

よりたくさんの記事をかかなくちゃ。

と悪循環を繰り返す。

 

 

200記事、300記事書いても稼げない正体は、

正にこの悪循環から生まれていると言っても

いいでしょう。

 

 

僕も過去に挑戦していたトレンドアフィリエイトは、

1日3記事くらいは頑張って書いていましたから、

今では考えられないペースです。

 

 

ただ、

大物女優の不倫とか、

アイドルの結婚とか離婚とか、

 

あまりにも興味がなさ過ぎて

何一つ面白くありませんでした。

 

 

それでも

「お金を稼ぐ為には頑張るんだ!」

と作業マシーンと化して

黙々と作業を続けていたんです。

 

 

で、ふと気が付いたんです。

 

 

「こんな事、いつまで続けなきゃならないんだ?」

 

と。

 

 

自分がつまらない記事を、

読んでくれる人は面白いと感じてくれるんだろうか?

 

ただただ、作業マシーンと化して記事を書くだけで、

何故、お金が稼げるんだ?

 

 

そう思った時、

 

「こんなつまらないことを続けて行くのはムリ」

「例え稼げても永遠にこの苦痛を続けるのはムリ」

 

こう思い、

「初心者向き」と言われる

トレンドアフィリエイトを断念しました。

 

 

作業マシーンと化しても読まれる記事を書くことができるのは、

コピーライティングのスキルや

膨大な経験を駆使して

つまらないこともおもしろおかしく書くことができる

プロのライターくらいです。

 

 

週刊誌やスポーツ新聞の本業のライターが書いた記事に、

我々凡人が対抗して勝てるのだろうか?

 

 

絶対に無理です。

 

 

ですから、

「作業マシーンになる」と言うのは

結局無理な話という事なのです。

 

 

ただ唯一、作業マシーンと化しても

人に読まれる、喜ばれる記事を書く方法があります。

 

作業マシーンと化しても気持ちが入った記事が書けるのは体験記事だけ

我々凡人素人ライターが

唯一人に価値を与える記事を書く方法が、

 

体験記事なのです。

 

 

最新ニュースに張り付いて誰よりも早く記事を書かなくても、

数の暴力と言わんばかりに記事を大量投稿しなくても、

素人ライターのボチボチ投稿でも

ハイクオリティの記事を発信できるのは体験記事だけです。

 

 

プロが完璧にこなした記事も

確かに参考にはなるでしょう。

 

 

ですが、ブログを読む人は素人です。

 

 

これから実践する人にとっては

素人の失敗談は超レア情報です。

 

 

自分の体験談なら

作業マシーンと化して鬼の様に記事を書いたとしても、

気持ちの入った記事を書く事ができます。

 

 

自分が既に体験している事なら

記事作成も間違いなくスムーズですし、

余計なリサーチの必要もありません。

 

 

それが例え誤字脱字だらけだったとしても

素人が書いたつたない文章だったとしても、

ネットでかき集めた誰でも書ける記事なんかより

遥かに価値が出てきます。

 

 

体験記事は我々凡人素人ライターが

価値のある記事を書く事ができる

唯一の方法なんです。

 

 

機械的に書いた気持ちが「人」が感じられない文章より、

素人の体験談の方が絶対におもしろい記事に決まってます。

 

 

「これからはAIの時代だ!」

なんて言われていますが、

 

もしかしたらネットでかき集められる様な情報は

AIライターが書いてしまう時代が来るかも知れません。

 

 

芸能人が逮捕されたとき、

結婚したとき、不倫した時、

 

瞬時にAIライターがその芸能人の情報をかき集めて

まとめ記事にしてしまうかもしれません。

 

 

雑学程度だったらAIライターが情報をかき集めて

記事を作ってしまうかもしれません。

 

 

けれど体験談だけは体験した人の唯一無二の情報です。

 

 

AIにとってかわられることが無い領域です。

 

作業マシーンになると稼げない【まとめ】

今回は「作業マシーンとなると稼げない」というお話をしました。

 

 

確かに機械の様にガンガン作業をすることで稼ぐ事は出来ます。

 

 

けれど、

「誰でも書ける様な記事を機械的に書いても誰も喜ばない」

という事は覚えておいてください。

 

 

自分がやっていて面白くないことを書いても、

読んだ人はもっとおもしろくないんです。

 

 

機械的に検索エンジンの上位表示の要件を満たす事ができても、

読む人が価値を感じなければ全くの無意味です。

 

 

一時的にアクセスが集まっても、

それでおしまいです。

 

 

永遠に同じことを繰り返さなければ

稼ぎ続けることは出来ません。

 

 

同じ作業マシーンになるなら、

自分の好きなこと、やりたいこと、

体験した事でなった方が

遥かに稼げる事は間違いないです。

 

 

それでは今回はこの辺で失礼します。

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

 

うめ

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
ブログ内検索
カテゴリー
あなたへのオススメ