【悲報】アフィリエイトはもう稼げなくなった⇐終了のお知らせ

目安時間:約 34分

こんにちは、『働かずに稼ぐ』ことに

フルコミットのうめです。

 

いつもブログに訪問してくださり

ありがとうございます。

 

 

さて今回は、

 

「アフィリエイトを始めたいけど、もう稼げないのかな?」

「アフィリエイトで稼いでいた人がどんどん撤退しているって聞いたけど、もう稼げないのかな?」

 

と言う疑問にお答えします。

 

 

残念なお知らせですが、

「アフィリエイトで稼げなくなった」

と言うのは事実です。

 

 

ただ、事実ではあるが正確には、

 

「ルールが整ってきた」

 

というだけの話です。

 

 

これまでルールの穴を突いて

稼いでいた人たちが

「アフィリエイトは稼げなくなった」

と言っているだけ。

 

 

当然ですよね。

 

「上位表示させるため」に

SEO対策だのなんだのやって来た人たちは、

ルールが整えば淘汰されるのは当然です。

 

 

では、どんなブログが

稼げなくなってきているのか?

 

 

  • 誰が書いても同じ記事
  • 記事がただ大量生産されただけのブログ
  • ルールの穴を突いて上位表示させているブログ
  • 根拠がないことが書かれているブログ

 

 

こんなお金やマンパワーに任せて

稼いでいたブログは、

アップデートの度に次々と

飛ばされて行きました。

 

 

コレらに共通して言えること、それは、

「誰の役にも立っていない」ということ。

 

 

「お金を稼ぐためだけ」に作られた記事が

ルールの穴を突いて上位に表示されるのを、

Google神が黙っているワケがありません。

 

 

ルールが整えば締め出されるのは当然です。

 

 

逆に言えば、

 

「人の役に立つことが出来れば稼げる」

 

と言うことです。

 

 

別に難しく考えなくても、

「読んだ人の役に立つブログ」

と言う、ブログとしてフツウのことを

やっていれば全然稼げるんです。

 

 

もっと言えば、

 

「う〇こサイトが上位にいなくなった分、稼ぎやすくなった」

 

とも言えるワケです。

 

 

と言うことで今回は

以下のことをお伝えします。

 

・アフィリエイトが稼げなくなった真実

・今後はどんなアフィリエイトが稼げる様になるのか

・今後、あなたは何をやればいいのか【具体例】

 

では、順にお伝えしますね。

 

アフィリエイトが稼げなくなった真実

アフィリエイトが稼げなくなったと言うのは、

事実としてあります。

 

「専業でやっていたけど、会社員に戻った」

「月200万、300万とかヨユーで稼いでいたけど、今は全然稼げない」

 

 

こんな話もチラホラ聞きます。

 

 

そもそも、

アドセンスのアカウント自体が

取りづらくなってきていますからね。

 

 

やはり、

「やはりアフィリエイトは稼げなくなった」

と言うことは事実なんです。

 

 

けれど、

それは実は当たり前なんですよね。

 

 

以前、アフィリエイトで

大きく稼いでいた人たちの多くは、

 

検索エンジンのルールの

穴を突いて上位表示させて

稼いでいました。

 

 

検索エンジンに表示されるには

ルールがあります。

 

 

そのルールに従って

上位に表示させることを、

「SEO対策」と言います。

 

 

けれど、

このルールを悪用したサイトが

乱立したんです。

 

 

例えば、

 

「被リンクがたくさんあればいい」

となれば、

業者で買った全く関係のないリンクや、

自作自演ブログから大量にリンクを送ったり。

 

「記事数がたくさん必要」

となれば、

記事作成ツールや安い外注ライターの

テキトーな記事を大量に投稿したり。

 

 

ルール上、

こんなブログが上位に

表示されていたんです。

 

 

そら稼げますよね。

 

 

カネやマンパワーを投下すれば、

記事の中身なんて

何でもいいワケですから。

 

 

けれど、

コレがGoogle神の逆鱗に

ふれてしまったんです。

 

 

そう、

頻繁に繰り返される

アップデートです。

 

 

「アップデートでブログが飛んだ。オワタ…」

 

とかよく聞きません?

 

 

アレです。あれ。

 

 

なんかみんなGoogleのアップデートに

ビクビクしていますけど、

 

アップデートって、

何も弱い者いじめをしているワケじゃ

無いんです。

 

 

Googleさんが

検索エンジンのユーザーが使いやすい様に

調整しているんです。

 

 

まあ、

「マジかよ、Googleさん」

てアップデートも確かにありますけど。

 

 

けれどGoogleさんは間違いなく、

「ユーザーの利便性が少しでも高くなるように」

アップデートを繰り返していると言うのは

間違いないです。

 

 

例えば、

2019年頃から検索結果に

YouTubeが表示されることが

多くなりました。

 

 

キーワードによってはYouTubeが

上位を独占していることもあります。

 

 

なぜ動画が上位に表示される様に?

 

 

理由は、

 

  • 動画コンテンツが多くみられている
  • 動画への広告出稿が多い

 

つまり、需要が多いんです。

 

 

「今は動画を求めているユーザーが多い。

だから動画を多く表示させている。」

 

と言うことです。

 

 

Googleはユーザーの利便性を常に考えて

アップデートを繰り返しているんです。

 

 

ですから、

 

被リンクがどうとか、

中古ドメインがどうとか、

記事数がどうとか、

 

そんなルールの穴を突いて

「今」稼いでいても、

そんな誰の役にも立っていないブログは、

今後稼げなくなっていくのは

明白なんですね。

 

 

それが、

「アフィリエイトは稼げなくなった」

と言う真実です。

 

 

けれど安心してください。

 

ハッキリってそんなのは、

趣味・体験ブログにはどうでも

いい話ですから。

 

 

なぜなら、

趣味・体験ブログは間違いなく

 

「Googleと同じ方向を向いたブログ」

 

だからです。

 

 

それについては

後述しますね。

 

今後はどんなアフィリエイトが稼げる様になるのか

今後、アフィリエイトで稼ごうと思ったら、

僕たち個人が出せる最大限の強みを活かす事です。

それは『個』です。

 

 

今お伝えした様な

ルールの穴を突く様なやり方は、

激しくオススメ出来ません。

 

 

「こうすれば上位に表示される」

「コレをやっとけばOK」

 

なんてSEO対策は

間違いなく通用しなくなるからです。

 

 

なぜなら、

ドンドン進化するAIと

Googleがガンガンに溜めている

ビッグデータによって、

ルールは加速度的に適正化されて

行くからです。

 

 

要は、ルールの穴を突く

ウラワザ的なことをやっても、

すぐに適正化されてしまう。

 

つまり、

「ムダな労力」だということです。

 

 

かと言って正攻法で真っ向勝負しても、

大量の資金とマンパワーがある

企業とかには勝てません。

 

 

まあ、やり方によっては

勝てないワケではないのですが、

真っ向勝負しても意味無いですし、

あなたの強みを活かせないんですよね。

 

 

ですから今後、僕たち個人が

アフィリエイトで稼ごうと思ったら、

『個』を出して行くことです。

 

 

『個』と言うのは企業が真似できない

個人だけの聖域です。

 

 

例えば、

失敗談とかサイコーですよね。

 

 

メーカーが自分とこの製品を使って

失敗しているコンテンツを配信するなんて、

絶対にないですよね。

 

 

けれど個人だと、

むしろ美味しいネタです。

 

 

自分の使い方が悪かったり、

ミスっただけだったとしても

美味しいネタです。

 

 

例えば、

 

「〇〇と言う商品を使ってみた。

全然上手く行かないから

もう一度取説を見直したら、

使い方が全然間違っていた。

使う人は注意してね」

 

 

なんてことは

メーカー側じゃ発信できません。

 

 

他社商品との比較、組み合わせとかも

難しいですよね。

 

 

けれど我々個人は、

他社商品との組み合わせだろうが失敗だろうが、

全て美味しいネタです。

 

 

そしてユーザーが求めているモノも、

正にソレです。

 

 

だって、

一般ユーザーはどんなメーカーの商品を使っても

何も問題ないでしょ?

 

 

だったら、

 

  • いいモノを使う
  • 使いやすいモノを使う
  • お気に入りのモノを使う

 

何でも自由です。

 

 

「コレはこっちのメーカーが使いやすいんだけど、

アレはこっちの方が使いやすい」

 

なんてよくあることです。

 

 

ユーザーが知りたいのは、

公式サイトに載っている

良いことばかりの情報ではなく、

 

「実際に使ってみた体験談」

なんです。

 

 

メーカー側やスポンサードを受けている

プロの人たちの意見ではなく、

「自分と同じ目線」での使用感。

 

コレを知りたいんです。

 

 

メーカー側の人間が

言うとこんな感じです。⇓

 

「この〇〇は最新のテクノロジーを使っていて、これまで両立できなかった△△と◇◇を両立させました!凄いでしょう!」

 

 

けれど、本当に知りたいことは

凄いテクノロジーとか

最先端の機能とかではありません。

 

 

「で、使ってみてどうなの?」

 

と言うことです。

 

 

実際の使用感や

イイところも悪いところも伝えらえるのは、

あなた「個人」にしかできないことです。

 

 

ウソ偽りのない体験談を

発信できるのも個人だからこそです。

 

 

スポンサードを受けているプロの人たちは、

マズモノもウマいと言わなくてはいけません。

 

 

それがスポンサービジネスです。

 

 

かと言って『個』を出すと言っても、

 

  • 何か凄いことをやる
  • めっちゃ個性的な人間になる
  • インフルエンサーになる

 

というワケでは

ないですよ。

 

 

そんな凄い人になるとかじゃなくて、

 

「訪問者と同じレベルで共感できる人」

 

と言うことです。

 

 

あなたも友達と、

「凄い人だから付き合っている」

と言うワケじゃないですよね。

 

 

価値観があったり話しやすかったり、

なんらかしら共感できる部分があるから

付き合いがあるワケです。

 

 

例えば、

会社の人間関係とか、

正直キツくないですか?

 

 

全く何も共感できない人間とも

強制的に付き合わなくちゃ

いけないですからね。

 

そらキツいワケです。

 

 

ですから、

凄い人になる必要なんて

全く無いんですよ。

 

 

キラキラした雲の上の人じゃなくて、

気楽に何でも話せるお友達に

なってください。

 

 

もちろん、

本気で突き抜けたい人は突き抜けて下さい。

 

 

「コレはおれの人生の全てだ!」

 

という人は本気でやればいいと思います。

 

 

例えニッチなジャンルでも、

突き抜ければライバルより確実に

頭一つ抜け出します。

 

 

メチャクチャニッチなジャンルであっても

「〇〇と言えばあなた」

と言うポジションを確保できます。

 

 

そうなればどれだけ後発だったとしても、

先発組を押しのけて目立つことが

出来るんです。

 

 

よく例に出しますが、

僕はブログを立ち上げて1年未満のとき、

テレビ〇日さんから連絡を

貰ったことがあります。

 

 

釣りと言うメジャーなジャンルで

数千以上はブログとかありますが、

なぜ僕に?

 

 

それは、

釣りと言う中でも一つのアイテムに特化した

『超専門ブログ』だからこそ

目立つことが出来たんです。

 

 

ニッチなジャンルで突き抜ける。

 

手っ取り早く目立ちます^^

 

今後、あなたは何をやればいいのか【具体例】

あなたがやるべきことは、

 

「自分が楽しむこと」

 

です。

 

 

コレは僕の推測でしかありませんが、

確信を持って言えることです。

 

 

今後は間違いなく、

「楽しむ」ということがキー

なってきます。

 

 

なぜかと言いますと、

AIや自動化が発達して人間の仕事が

どんどんなくなり、

 

余暇を楽しむという人が

増えて来るからです。

 

 

よく「AIに仕事を奪われる」とか

言う人いますけど、

くれてやればいいじゃないですか。

 

 

AIさんは文句も言わず

24時間365日無給で働いていくれるんです。

 

 

僕らが勝てるワケがない。(笑)

 

 

僕らは僕らの出来ることを

やれば良いんです。

 

 

僕らの出来ることとは、

 

「楽しむこと」

 

です。

 

 

コレばっかりはAIには

マネ出来ません。

 

 

で、そんなときに

「楽しみ方のコンテンツ」

あったとしたら?

 

 

今まで仕事に追われていた人が、

 

「時間が出来たな。そうだ!前からやりたかった登山をやろう!」

 

こんな人は確実に

増えて来るはずです。

 

 

間違いなく「余暇時間を楽しむ」

ということの需要は伸びてくると、

僕は確信しています。

 

 

趣味や余暇を楽しむということは、

人間にしか出来ません。

 

 

AIにも、

ネコにもサルにも

出来ません。

 

 

「そんなことを言っても、何も発信出来ることなんてない…」

 

こんな人もいると思います。

 

 

別に今あなたが

何もやっていなくても

良いんですよ。

 

 

コレからやりたいことをやれば。

 

 

やりたいと思うことをやる。

で、その体験談を

「昨日の自分」に向けて書く。

 

 

それだけで

「コレから始める人」に

自動的に刺さる記事になります。

 

 

趣味・体験ブログは、

コレから確実に伸びてくると

確信しています。

 

ブログ作りの具体例

「楽しめばいいのは分かった。

じゃあ、どんなブログを作ればいいの?」

 

 

もちろん、被リンクがどうとか

中古ドメインがどうとか、

大量に記事を突っ込むとか、

そんなことではないですよ。

 

 

あなたがコレから取り組むべきブログは、

 

「Googleさんの同じ方向を向いたブログ」

 

です。

 

 

「じゃあ、Googleさんはどんな事を求めているのか?」

 

 

Googleさんは間違いなく

次の要素をもとめています。

 

『独自性』

『信頼性』

『専門性』

『利便性』

 

 

アップデートの傾向や

Googleさんのポリシーを見ても、

その傾向は明らかです。

 

 

例えば、

次のGoogleの公式サイトの一文。

 

ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。

引用:Googleウェブマスター向け公式ブログ

 

つまり、

 

  • 自作自演サイト
  • 業者から買った被リンク
  • 中古ドメイン
  • 記事作成ツールや安い外注記事が大量に詰め込まれたブログ

 

こう言った小手先のテクニックを使っている

ブログの評価が下がり、

有用で信頼性の高いブログの

評価が上がると言うことを

謡っています。

 

 

その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

引用:Googleウェブマスター向け公式ブログ

 

つまり、

 

「ネットでかき集めた情報で記事を書いても、評価は下がりますよ」

 

と言うことです。

 

 

また、

「Googleが掲げる10の事実」には、

こうも書かれています。

 

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

 

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

引用:Googleが掲げる10の事実

 

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

 

つまり、

 

「どこまで行ってもユーザビリティ」、

 

この事実だけは

絶対不変と言うことです。

 

 

ですから、

SEO対策がどうとか

アップデートがどうとか、

そんなことよりも

 

「訪問者の役に立つブログ」

 

これこそが

 

「Googleさんの同じ方向を向いたブログ」

 

と言うことなんですね。

 

 

で、

あなたは体験談以外で

Googleと同じ方向を向いたブログを

作ることが出来ますか?

 

 

かなり難易度が上がります。

 

 

どのくらい難易度が上がるかと言うと、

 

・心理学の専門家が、

人間の行動原理に関するサイトを作る

 

・整形外科のお医者さんが

ヘルニアに関するサイトを作る

 

このくらい難易度が上がります。

 

 

  • 専門家と言う専門性、信頼性、
  • 長年の実績による独自性、信頼性。

 

 

コレらを満たすコンテンツを

体験談以外で作るなんて、

絶対無理じゃないですか?(笑)

 

 

当たり前ですけど、

僕はムリです。

 

 

けれど、

ニッチなジャンルを専門的に書いた

趣味・体験ブログだと、

僕でも書けちゃうんですよね。

 

 

なぜなら、

自分が好きなことをやったと言う、

事実に基づく体験談だから。

 

 

体験談と言う、

唯一無二の『独自性』

 

実体験と言う、

事実に基づく『信頼性』

 

ニッチなテーマに特化した、

超専門ブログと言う『専門性』

 

小手先のSEO対策ではなく、

訪問者が知りたいことを

伝えるという『利便性』

 

 

こんなブログだったら

僕でも出来ますし、

出来ない人はいません。

 

 

だってやりたいことをやって、

その体験談を書けば

いいだけなんですから。

 

 

つまり、

ニッチなジャンルを専門的に書いた

趣味・体験ブログと言うのは間違いなく、

 

「あなたが唯一書くことが出来る、

Googleさんと同じ方向を向いたブログ」

 

なんです。

 

 

具体的には、

 

  • 車の事を書くなら車種を「プリウス」に限定する
  • マンガについて書くなら「ワンピース」に限定する
  • ガンプラの事を書くなら「組み立て方」に限定する
  • ゲームについて書くなら「ドラクエ」に限定する
  • 登山の事を書くなら「ウェア」に限定する
  • 家庭菜園のことについて書くなら「ベランダ」に限定する
  • 釣りのことを書くなら「磯釣り」に限定する

 

 

と言う様に

テーマをグッと絞り込んで

体験談を書く。

 

 

それだけでGoogleさんの大好きな

 

『独自性』

『信頼性』

『専門性』

『利便性』

 

 

が満たされるんです。

 

 

つまり、あなたに出来ることって、

 

「趣味・体験ブログしか無くね?」

 

てことです。

 

【悲報】アフィリエイトはもう稼げなくなった⇐終了のお知らせ【まとめ】

さて今回は、

 

「アフィリエイトを始めたいけど、もう稼げないのかな?」

「アフィリエイトで稼いでいた人がどんどん撤退しているって聞いたけど、もう稼げないのかな?」

 

と言う疑問にお答えしました。

 

 

では今回のお話をまとめますね。

 

 

結論、

 

「アフィリエイトで稼げなくなった」

 

と言うのは紛れもない事実。

 

 

けれど、それはルールが整ってきて、

隙間を縫ったようなやり方が

通用しなくなってきたと言う、

至極当然の流れ。

 

 

これからアフィリエイトで稼ぐのなら、

 

「Googleと同じ方向を向いたブログ」

 

と言うのはマスト(必要最低条件)。

 

 

そんなブログを作れるのは

テーマをグッと絞った

趣味・体験ブログしかない。⇐超専門ブログ

 

 

で、お金もノウハウもマンパワーも

豊富な企業側に勝とうと思ったら、

『個』を出して行くべき。

 

 

『個』を出すと言っても、

「凄い人」になるんじゃなくて、

「訪問者と同じレベルで共感できる人」

 

 

訪問者にとって

「居心地がいい人」

になろう。

 

 

こんな感じです。

 

 

まあ、

小手先のテクニックとかに頼らなくても、

誰もやっていない様な

凄いことをやらなくても、

 

自分のやりたいことをやっていれば、

共感してくれる人は

必ずいるということです。

 

 

「アフィリエイトはもう稼げない」

のではなく、

「ちゃんとやらなければ稼げなくなった」

と言うことですね。

 

 

ではでは、

今回はこの辺で失礼します。

 

 

今回も最後まで読んで下さり

ありがとうございました。

 

 

うめ

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
ブログ内検索
カテゴリー
あなたへのオススメ