【初心者向け】Google Search Console「ドメインプロパティ」の登録方法

目安時間:約 5分

Google Search Consoleとは、ブログの状態を監視、管理する事が出来るGoogleが提供している無料ツールの事です。

 

 

あなたのブログのエラーを検出してくれたり、実際に訪れてくれた生のキーワードを知る事が出来ます。

 

 

どの様なキーワードで検索され、どのくらい表示され、どのくらいクリックされたのか、など、あなたのブログを解析する事が出来ます。

 

 

記事がそれほど溜まっていないうちから解析まで意識する必要はありませんが、Googleにあなたのブログを認識して貰い、更新した記事を出来るだけ早くインデックスして貰う為にも、積極的に取り入れて行きましょう。

 

 

ココではあなたのブログを、Google Search Consoleへ登録する方法を説明します。

 

Google Search Consoleの登録方法

まずはGoogle Search Consoleへログイン。

Google Search Console

 

登録するブログのURLを入力し、「プロバティを追加」をクリック。

 

既に登録してあるブログがある場合は左上の「メインメニュー」をクリックしてください。

 

下にツラツラっとメニューが表示されます。

 

 

右上の「▼」をクリックすると登録してあるブログが表示されるので、「プロパティを追加」をクリック。

 

 

 

「https://」と「/」を除いたURLを入力し、「続行」をクリック。

 

 

 

TXTレコードをコピーします。

 

レンタルサーバー側の設定

次はサーバーの設定です。

 

 

ここでは僕がオススメしているエックスサーバーでの説明をします。

 

 

僕がエックスサーバーしか利用した事がない為、他のレンタルサーバーでの説明が出来ないのはご了承ください。

 

 

要領は同じだと思います。

 

 

まずは「サーバーパネル」にログインし、「DNSレコード設定」をクリック。

 

 

 

設定するドメインを選択します。

 

 

 

 

次にDNSレコード設定をします。

 

 

上の画像の赤枠を上から順に見て下さい。

 

・「DNSレコード追加」のタグをクリック。

・種別で「TXT」を選択。

・内容に先ほどコピーしたコードをペースト。

・最後に「管理画面に進む」をクリック。

 

 

「追加する」をクリックして終了です。

 

先程のサーチコンソールの画面で「確認」をクリックして、以下の画面になればすべて完了です。

 

 

僕の場合はすぐに確認出来ましたが、1日とかかかる場合がある様なので、確認できなかった場合はまた改めて「確認」をしてみて下さい。

 

Google Search Console【まとめ】

Google Search ConsoleにはURLごとのに登録する方法と、ドメインプロパティと言うドメイン自体を登録する方法があります。

 

 

今回ご紹介した方法は新たに出来るようになったドメイン自体を登録する方法です。

 

 

ドメインプロパティでは一つ登録するだけでOKです。

 

 

従来の方法では一つ一つのURLをセットしなければならなかったので、かなり手間が省けると思います。

 

 

サーバーをかまったりと一見ハードルが高そうに見えますが、やってみればかなりアッサリできるハズですので、是非行ってみて下さい。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
ブログ内検索
カテゴリー
あなたへのオススメ