【実績不要】ブログで収益が出ない人の問題を解決します

目安時間:約 14分

【実績不要】ブログで収益が出ない人の問題を解決します

どうもです。うめです。

 

今日は、

 

「毎日毎日ブログを更新しているのに、全然収益が出ないのはなぜ??」

 

こんな疑問にお答えします。

 

 

  • ブログで稼ぐ秘訣は続けることと言われたから、毎日毎日更新し続けているけど一向に稼げない
  • 記事の更新を止めてしまうとすぐにアクセスが途絶えてしまう

 

 

こんな理由でブログで収益が出ない人には、

大きな共通点があります。

 

もちろん一つではないんですけど大きな理由として、

 

「実績が無いから説得力がない」

 

と言うこと。

 

逆説的になりますが、

稼げる方法をカンタンに言ってしまえば、

 

「証明できる実績を作って、

その実績が欲しいという人に対して

自分が行った方法を解説する」

 

と言う方法が最も説得力がでて稼げる方法です。

 

 

「え~、おれそんな実績ないよ…」

 

と思われ方も完全解決する方法をお伝えしますので、

最後までお付き合い頂けたらと思います。

 

実績があるとなぜ説得力があるのか

例えば、

 

「英語を覚えるには勉強するより留学した方が手っ取り早いよ」

 

と言われたとします。

 

 

この言葉を英語を話せない人にと言われるのと、

実際に留学経験があって英語を話せる人に言われるのと、

どちらに説得力があるか?

 

と聞かれれば、当然後者ですよね。

 

 

実際に体験して、実証済みに勝る説得力はありません。

 

 

常日頃不平不満や人の悪口ばかり言っている人に、

「人望が大切なんだよ」

と言われてもまるで説得力がありません。

 

 

ブログも同様です。

 

人が読むための記事です。

 

 

Googleに上位に表示させて貰う為の記事でも、

お金を稼ぐ為の記事でもありません。

 

 

人に読んで貰って、

 

「面白かった」

「悩みが解決した」

 

と思って貰う為の記事です。

 

 

その為に最も手っ取り早い方法があなたの実績です。

 

 

実績がなく、何の説得力もない記事を書いて行くとどうなるのか?

 

  • ブログで稼ぐ秘訣は続けることと言われたから、毎日毎日更新し続けているけど一向に稼げない
  • 記事の更新を止めてしまうとすぐにアクセスが途絶えてしまう

 

冒頭で書いた様な事になってしまうんですね。

 

 

確かに記事を更新することは大切です。

 

 

1日1記事更新なんて本当に凄いです。

 

 

僕は1日1記事なんてとても書けません

 

 

ですが、

毎日記事を更新することがどれだけ凄くても、

なんの説得力もない、

読んでもなんの悩みも解決しない記事は、

全く価値がありません。

 

 

記事の更新を止めると

アクセスが急に途絶えてしまうのも同様です。

 

 

過去の記事が全く読まれていないから、

「今」更新した記事が

タマタマ人の目に触れたからアクセスされた、

と言うだけだからです。

 

 

例えタマタマ目に触れたとしても、

記事を読んだ人が価値を感じれば

他の記事を読んでくれますし、

また訪問してくれます。

 

 

ですがそれさえなく、

記事更新を止めた途端アクセスが急落してしまうのは、

やはり記事に価値が無いからなんです。

 

 

「え~、やっぱブログで稼ぐって難しいじゃん…」

「価値のある記事なんて書けないよ」

 

こう思われた方もいるかも知れません。

 

 

けれど安心してください。

 

 

カンタンに価値を伝える記事の書き方があります。

 

 

それは

 

「過去の自分に自分の体験を伝える」

 

と言うこと。

 

誰が、誰に、何を、どの様に伝えるか

先程、

 

「証明できる実績を作って、

その実績が欲しいという人に対して

自分が行った方法を解説する」

 

と言うお話をしました。

 

 

「実績なんて無いよ」

と言われる方もいると思います。

 

 

けれど、

必ずしも別に凄い実績が必要な訳では無いんです。

 

 

要は、

「自分の経験した事を過去の自分に伝える様に」

記事を書けばいいんです。

 

 

具体例で説明しますね。

 

 

僕は外遊びが好きなのでよくキャンプや釣りの例をよく出しますが、

今日はとても暖かいので、バイクのお話にします。

(やっぱり外遊びです。(笑))

 

僕はアナログ的なモノが好きで

バイクも古いモノが好きなんですが、

やはり古いバイクだと故障も多いだろうし、

購入するときにどうしようか迷っていたんですね。

 

 

その時にバイク屋の店長に、

 

「迷ったんなら旧車にしとけ。一度欲しいと思たんなら、必ず後からまた欲しくなるよ(体験済み)」

 

 

と言われた言葉にもの凄い説得力を感じ、

旧車を購入しました。

 

 

その旧車にはもう15年以上乗っているんですが、

トラブルも当たり前の様にあります。

 

 

けれどやっぱりトラブルも楽しみの一つで、

何度トラブっても購入を後悔した事なんて一度もありません。

 

 

僕はやはりそう言うメンドくさい旧車が好きだったのです。

 

 

何が言いたいかと言うと、

「誰が、誰に、何を、どの様に伝えるか」

が重要だと言うことです。。

 

 

この場合、

実際に旧車に乗っていた店長が

自分の経験談から語ってくれた事です。

 

 

僕はやはりトラブルがどうとか以前に旧車が好きで、

同じ旧車が好きだった店長の言葉が刺さったんです。

 

 

「そんなのセールストークだろ」

と言われる人もいるかも知れませんが、

その時はそんな事は全く感じませんでした。

 

 

なぜかと言うとそれは、

 

【誰が】

過去に旧車に乗っていた

たくさんのバイク乗りを見てきた店長

 

【誰に】

旧車を欲しいと思ったけど、迷っている僕に

 

【何を】

迷ったときの判断方法

 

【どの様に伝えるか】

一度でも欲しいと思ったのなら、

恐らく君は旧車好きだ。

いずれまたまた欲しくなる。

 

 

バイク屋の店長と言う経歴、

自分と同じ経験をしたという実績、

これがメチャクチャ僕に刺さったわけです。

 

 

この言葉で僕は200万円の買い物をしてしまった訳です。(爆)

 

 

つまり何が言いたいかと言うと、

 

「自分が経験した事を過去の自分に伝えるという事が重要で、

実績の大きさではない」

 

という事です。

 

 

過去の自分に伝えるのであれば、

輝かしい実績なんて全く不要です。

 

 

例えば、

「仕事に行きたくなくて引きこもったころの自分」

に伝えることも出来ます。

 

 

「自分も仕事がイヤでイヤで引きこもっていたけど、

こういう考えが出来る様になったら

仕事に行く事が出来る様になった」

 

 

これだけも過去の自分にとっては価値のある記事なります。

 

 

常に過去の自分に向けて発信をして行けば、

「実績のある説得力のある言葉」

が生まれます。

 

 

絶対に誰でも出来ることですよね。

 

 

もう一つ実例を上げさせてもらうと、

このブログはトレンドアフィリや

ごちゃまぜブログで稼げなくて

悩んでいる人たちに向けて書いています。

 

 

もちろん過去の自分です。

 

 

何を発信しているかと言えば、

趣味・体験ブログで稼ぐ方法を発信しています。

 

 

どの様に伝えるかと言えば、

自分の稼げなかった頃の失敗や経験、苦しんだこと、

そこから趣味ブログによってどの様に稼げるようになったか、

実際に稼いだノウハウ、実績。

 

これらを体験談を交えてお伝えしています。

 

 

【誰が】

トレンドアフィリでやごちゃまぜブログで稼げなかったけど、

趣味・体験ブログで稼げる様になった僕。

 

【誰に】

トレンドアフィリでやごちゃまぜブログで

結果が出ていないあなた。

 

【何を】

趣味・体験ブログの方がラクにカンタンに稼げるということ。

趣味・体験ブログで稼ぐノウハウ。

 

【どの様に伝えるか】

自分の経験、実績を交えて

 

 

と言う感じです。

 

 

結局は体験記事なんですね。

 

 

理屈だけこねくり回しても、

ネットでかき集めただけの情報を羅列しても、

誰も読まないし価値を感じないんです。

 

今回のまとめ

今回は

 

「ブログで収益が出ない人の問題は実績が無いからだ」

 

と言うお話をしました。

 

 

その解決方法として、

 

「過去の自分に伝える様に書く」

 

という事です。

 

 

毎日毎日記事更新は本当に大変だと思います。

 

 

それでも全然稼げないのは本当にキツいことだと思います。

 

 

そこまでガッツのあるあなたなら、

「過去の自分に伝える様に書く」

だけでかなり読まれる記事になるハズです。

 

 

例え言葉がつたなくても体験談を交えるだけで

物販もかなり成約率が上がるハズです。

 

 

僕が200万円の成約をした様に。(笑)

 

 

それでは今日はこの辺で失礼します。

 

 

うめ

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
ブログ内検索
カテゴリー
あなたへのオススメ