【実体験】僕がブログを継続できるようになった3つのコツ

目安時間:約 14分

こんにちは、うめです。

 

今日は

 

「ブログを継続すれば稼げるのは分かってる、

けれどなかなか継続ができないんだよ」

 

という方に、

ブログを継続するコツについてお話します。

 

 

ブログを継続するコツを知りたいって言う方は

こんな問題を抱えている方が多いです。

 

 

  1. ブログを毎日書くなんてできない
  2. 何を書いたらいいか分からない
  3. モチベーションが保てない

 

 

ざっくりではありますが、

少なからずこんな悩みを抱えていると思います。

 

 

逆に言えば、

この3つの悩みを解決するだけで

十分にブログを継続することができますし、

稼ぐ事ができます。

 

 

実際に僕はこの3つを解決することで

ブログで稼げる様になりました。

 

 

では、

この3つの悩みの解決方法を説明していきますね。

 

ブログを毎日書くなんてできない

書かなきゃいいじゃない。(笑)

 

巷ではブログを稼ぐ為には

「1日1記事は必ず更新すること」

みたいなに言われていますが、

 

「別に1日1記事書かなきゃいけない」

なんてルールはありません。

 

 

そら、たくさん記事を投稿すれば

単純に稼げるまでのスピードは上がります。

 

 

けれど、

それが足かせになって継続できないんだったら、

別に毎日毎日更新しなくて全然問題ナッシングです。

 

 

僕は実際に、

趣味ブログで3,4日に1記事程度の更新でも

100記事程度で30万円以上稼げましたし、

放置していても稼げています。

 

 

放置していても毎日ほぼ全記事にアクセスが

集まっているから、

別に焦って記事を更新しなくても稼げるんですね。

 

 

てかそもそも、

「1日1記事は必ず更新すること」

と言うのは何故なんでしょう?

 

 

1記事1記事読まれる記事を書いていれば、

別に毎日更新しなくてもアクセスは来るんです。

 

 

「1日1記事は必ず更新すること」

というのは裏を返せば、

「毎日更新しなければアクセスが途絶えてしまう」

という事ですよね。

 

 

永遠に「1日1記事」をやらなきゃいけないなんて

僕には絶対にムリです。

 

 

そら継続しません。

 

 

読まれる記事をボチボチでもいいから書いて行けば、

いずれは記事はたまって来るんです。

 

 

更新を止めてもアクセスは集まって来るんです。

 

 

「毎日書かなきゃいけない」

なんて気負わずに、ボチボチでもいいから

「読まれる記事」を書いて行きましょう。

 

 

で、また疑問が生まれますよね。

 

「読まれる記事ってなんなの?」

 

お答えします。

 

 

カンタンな話です。

 

 

訪れた人の疑問を解決してやる記事です。

 

 

あなたの記事へアクセスしてくる人は、

何か知りたいことがあってアクセスしてくる訳です。

 

 

その疑問をあなたの体験談を交えて

ズバリ解決してやりましょう。

 

 

訪問者がGoogleの検索窓に打ち込むキーワードと言うのが、

訪問者の「知りたいこと」です。

 

 

コピーライティングがどうとか言う前に、

まずはその答えをズバリ教えてやって、

その方法や自分の体験談を教えてやるという事です。

 

 

すでに耳タコだと思いますが、

僕は読まれる記事を書くのに、

体験ブログを強くオススメしています。

 

 

なぜなら、

体験談ほど説得力のある言葉は無いですし、

記事を書き慣れていないビギナーでも

読まれる記事を書く唯一の手段だからです。

 

 

少し話が反れましたがここで言いたい事は、

「毎日じゃなくてもいいから、読まれる記事を書きましょう」

という事です。

 

記事ネタが続かず何を書いたらいいか分からない

書けるジャンルで書きましょう。(笑)

 

 

これだけではあまりに不親切なので具体的に言いますと、

あなたがこれまで3年以上継続的にやって来たことで記事を書けば、ノウハウもだいぶ溜まっているハズですし、

体験談から深い記事も書けるハズです。

 

 

例えば3年くらいキャンプ経験があれば、

それなりに経験も失敗談もたまっているハズです。

 

 

テントの外に靴を置いていたら

朝起きたら夜露でべとべとになっていたとか。

 

カップラーメンを置いていたら

カラスに全部食われていたとか。

 

寒すぎて寝れなかったけど、

ペットボトルを湯たんぽにしたら

めっちゃあったかかったとか。

 

 

まあ、僕の経験談ですけど。(笑)

 

 

他にも、

例えば仕事でプログラミングの経験が3年以上あれば、

綺麗なコードを書くコツや学習方法のポイントも

それなりに経験しているハズです。

 

 

これまで自分が経験してきたことをテーマにブログを

書いて行くだけで、

記事なんて随分書きやすくなるハズですよ。

 

 

よくある失敗が、

「初心者が稼ぎやすいのはトレンドブログ」

「初心者はなんでもネタに出来るごちゃまぜブログが良い」

なんて言葉に踊らされて自分が書けもしない、

興味もないジャンルでブログを始めてしまうこと。

 

 

そら記事なんて書けないし、

継続なんてできる訳がないです。

 

 

自分が興味のあること、好きなこと、

経験があるジャンルで記事を書けば

深い記事が書けますし、

そんな体験談は未経験の人からしたら超貴重な情報です。

 

 

「検索ボリュームが―」とか、

「稼げるジャンルでー」とか言う前に、

自分が記事を書けるジャンルで書く事が大切です。

 

 

自分が書けるジャンル = 読まれる記事 = 体験談

 

 

やっぱり体験記事が一番カンタンなんですよ。

 

モチベーションが保てない

モチベーションを保つってなに?(笑)

 

 

先日も書きましたが、

つまらない事を書いているから

モチベーションを保つ必要が出てくるんです。

 

 

自分がつまらないと思う事は、

読んでいる側はもっとつまらないですよ。

 

 

自分が好きなことをやるのに

モチベーションなんていらないですよね。

 

 

だったら「モチベーションを保てない」と言う悩みは

好きなことをやれば全て解決です。(笑)

 

 

確かに「目標金額は月100万円だ!」と言うのなら

四の五の言わず稼げる事だけをやるしかないかも知れません。

 

 

けれど月に5万や10万を稼ぐのに、

わざわざ「モチベーションが―」とか言ってやる必要は

ありません。

 

 

そのくらいの金額、

好きなことやってブログ書いてりゃ稼げます。

 

 

そのくらいの金額を稼ぐノウハウは

以前お渡ししたレポートで十分です。

 

 

そもそも、「目標金額は月100万円だ!」なんて

言っている人はモチベーションがどうと言わないか。

 

 

仕事でもそうですけど、

「モチベーションが―」とか「やる気がー」とか

言っている人に限って、

文句ばっかでまともに仕事が出来ない人が多くないですか?

 

 

仕事ってモチベーションでやるもんなんですかね?

 

 

いくらつまらない会社の仕事でも

やらなきゃいけない事はやらなきゃいけないですし、

お金を貰っている以上、

「モチベーションが保てないので仕事をしません」

なんておかしな話ですよね。

 

 

なんか愚痴っぽくなってしまいました。(笑)

 

 

僕も溜まっているんですかね。

 

 

もっと遊ばないと!

 

 

話を戻しますと、

モチベーションが保てないというのなら、

それはあなたにとってやる必要がないことだからです。

 

 

それでも稼ぎたいんだったら、

好きなことをやりましょう。

 

ブログを継続するコツ【まとめ】

今回お話したブログを継続するためのコツをまとめますと、

 

1.ブログを毎日書くなんてできない

⇒毎日なんて書かなくてもいいから、読まれる記事を書く。

 

2.記事ネタがつづかない、何を書いたらいいか分からない

⇒自分が書けるジャンル、経験した事があるジャンルで書く。

 

3.モチベーションが保てない

⇒好きなことをやれ。

 

ざっくりではありますが以上が、

僕がブログを継続できるようになったコツになります。

 

 

一言でまとめるなら、

「自分が楽しめるジャンルでブログを書け」

ということです。

 

 

僕の経験上、

お金のためだからと言っても

あんまり頑張り過ぎると続きませんよ?

 

 

ボチボチでも続けていれば

記事はたまって来るんです。

 

いずれは稼げる様になるんです。

 

 

もちろん、

毎日ガシガシ更新するに越したことはありません。

 

 

記事数が増えれば増えるほど、

稼げる金額も大きくなっていくでしょう。

 

 

ただゴミ記事を毎日更新してもなんの意味もありません。

 

 

その瞬間のアクセスを集めてお金を稼ぎたいんだったら、

アルバイトでもしていた方がよほど確実に稼げますよね。

 

 

あなたにはあなたの稼ぎ方がある訳なので、

その貴重な体験談を活かして楽しく稼ぎましょう。

 

 

今日も最後まで読んで下さり、

ありがとうございました。

 

 

うめ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
ブログ内検索
カテゴリー
あなたへのオススメ