お年玉の最悪の使い道、それは〇金

目安時間:約 20分

明けましておめでとうございます。

 

『働かずに稼ぐ』ことに

フルコミットのうめです。

 

いつもメールを開封してくださり

ありがとうございます。

 

今年も『働かずに稼いだ』て言うお話を

ガンガン発信していきたいと思いますので、

また一年、お付き合いいただけると嬉しいです。

 

■1万円を1,000円にしてしまうもったいないお金の使い方

さて、今年も我が家の年末年始は実家へは挨拶のみで、

基本、家族のみで過ごしています。

 

 

家でぐーたら生活を送ろうと

思っていたのですが、

 

家にいると言うことは

子供が起きている限り相手をすることになり、

いつも以上に疲れる正月になりそうです。(笑)

 

年末年始、

けっこう凄い寒波も来ているので、

お出かけの際には十分に注意して下さいね。

 

僕の住んでいる地域も

正月休みは連日-10℃超えの予報です。

けれども子供は外で遊びたくて仕方が無いという。。。

 

まあ、僕も外遊びが大好きなんですけど^^

 

僕が子供の頃は正月と言えば

田舎のおばあちゃんちと言うのが相場でした。

 

そこで親戚やどこからともなく

集まってくる近所のおっちゃんに

お年玉せびりをするのが

楽しみだったのを覚えています。

 

僕、子供の頃から基本的に朝起きるのが早くて、

ばあちゃんちで早く起きると

昨夜飲んでてそのまま泊まっていった

近所のおっちゃんがコタツでまったりしているんですね。

 

で、普段、

10人は集結している従兄弟の子供は、

その時は僕一人。

 

1人でまんまとコッソリお年玉を

せしめていたのはいい思い出です。

 

そのおばあちゃんもすでに亡くなり、

おばあちゃんちにはほとんど行くことも

無くなってしまいました。

 

そう遠いワケでも無いんですけどね。

 

まあ、世代交代と言うやつですね。

 

その田舎もクルマで

1時間もかからない程の距離なのですが、

なんせ不便過ぎるところで住んでいる人は一応いるモノの、

今や完全に限界突破集落と化しています。

 

昔の人ってなんであんなところに

家を建てたんだろう?

てホント思います。

 

もしかしたら落武者とかが流れてきたのかな?

分かんないけど。

 

で、いよいよ自分も親になっていて、

お年玉を上げる側なんですよね。

 

昔と比べて子供が少ないので

助かりますが。(笑)

 

ウチは母方の従兄弟で9人、

父方の従兄弟で6人、

んでウチが3人。

 

自分らの兄弟の子供だけで

18人もいたので、

自分が親だったらと考えると

まじでゾッとします。(笑)

 

とは言え現状でも、

僕の兄弟の子供で5人、

妻の兄弟の子供で6人、

で我が子が2人。

 

それでもお年玉対象者が

最低でも13人いるワケですが。

 

ま、子供にとっては一年で最大級のイベントなので、

自分が貰って嬉しかった以上、

くれなきゃ行けないワケです。

 

ところで、

お年玉最悪の使い方って

なんだか分かります?

 

ヘタしたら1万円が1,000円の価値にもならないような、

めちゃくちゃもったいない使い方です。

 

それは…、

 

貯金です。

 

子供の貯金ほど究極的にムダ遣いと言うか、

もったいないお金の使い方ってないんですよね。

 

だって、

考えても見てください。

 

小学1年の頃に手にしている1000円と、

今のあなたが持っている1000円て、

同じ価値ですか?

 

子供の頃の1000円なんて

めっちゃ大金だったハズです。

 

これでうまい棒何個買える!?

ビックリマンチョコ何個買える!?

カードダス何回引ける!?

ガチャガチャ何回出来る!?

 

そんな世界だったハズです。

 

誰しも子供のころ、

紙のお金を手にしたときの高揚感は

あったはずです。

 

ですが、

今のあなたはどうですか?

 

 

「今月のお小遣い1000円ね」

なんて言われて嬉しいですか?

 

そら全く嬉しくないわkではないけど、

正直、何もできないでしょう?

 

飲みになんてとても行けないし、

いいとこランチ1回行って終わり。

 

同じ1000円でも子供のと大人では

価値が全然違うんですよね。

 

ですから子供の頃に

「将来のための貯金」ほど

ムダなお金の使い方はないんです。

 

かと言って、

あればあるだけ浪費するって言うのも

違いますけどね。

 

それを子供に説明するのは難しいですが、

僕は本当に欲しいと思うものに

使えばいいと思うんです。

 

普段のお小遣いじゃ買えないような、

「本当に欲しい」と思うものです。

 

僕は子供の頃はと言うと、

テレビゲームに使っていました。

 

当時で言うと、

ファミコン、スーファミ、ゲームボーイとか、

そんな世代です。

 

ウチは基本的にクリスマス制度とか無かったし、

「欲しいものは自分で手に入れろスタンス」だったので、

正月のこの時期に水準を合わせて

お金を貯めたり使ったりしていました。

 

とは言えウチの子はまだ6歳、4歳なので、

サスガにお金の管理は出来ません。

 

ですから僕は子供には、

前もって欲しいモノを聞いておいて、

数ヶ月経って欲しいモノが変わらなければ買うとか、

そんな感じで親が判断しています。

 

もしくは、

「今度ディズニーランド行くときに欲しいもの買いなさい」

とか、遊びに行ったときのお小遣いとして

使わせることが多いですかね。

 

子供にお金の使い方を教えるのって

本当に難しいですよね。

 

何が正解なのか、

その時代時代で変わってきますし、

なんせ親が誰かに教わったワケでもありません。

 

正解は親が考えて

子供に教えて行くしかないですからね。

 

あ、ちなみにコロナが流行り出した2020年3月に

ディズニーランド行く予定だったんですよ。

 

けれど、1月の終わり頃に

「これ、コロナやばくね?」

となって早々とホテルとか

キャンセルしたんですね。

 

そしたらちょうど

僕らが行く予定のタイミングでまさかの休園。

 

ホテルがキャンセル不可プランだったので延期とはなりましたが、

ご存知コロナのあの状況。

 

結局、そうも言ってられず

キャンセルとなりました。

 

今年こそ行きたい!

 

と妻が一番気合入っています。

 

と、話は反れましたが

子供にとっての1000円て、

僕らの何倍も価値があるんですよね。

 

ですから目的もよく分からない

「将来のための貯金」

ほどもったいない使い方はないんです。

 

お金の事って

学校じゃナゼか教えてくれません。

 

親もなかなか教えてくれないし、

そもそも昔と今じゃ時代も価値観も

違い過ぎます。

 

ですから自分の親に教わったことを

子供に教えていたのでは、

大きな間違いを教えることに

なってしまいます。

 

で、実際の現実はこうです。

 

高校生落とし玉使い道ランキング

https://affi-abc-club.com/wp-content/uploads/2020/12/koukousei-.png 

 

出典:https://school.js88.com/koukousei/life/ranking/2019otosidama

 

 

1位貯金て…

 

日本のお金の教育って

絶対に間違っています。

 

間違っていると言うか、

教えられてもいないし、

昔のまま何も進歩していない。

 

なんせ学校教育が明治時代と変わらない

黒板チョークなんですから。

 

 

だから不景気不景気とか

失われた20年とか言われるんです。

 

 

お金が動かなきゃ

絶対に景気なんてよくなるワケがない。

 

 

日本は

「貯金をするのはいい子」

と言う良く分からない常識が

昔から何も変わっていないんです。

 

 

黒電話からスマートフォンになり、

ファミコンからプレステ5になり、

時代は変わっているんだから、

絶対に変わらなきゃならないんです。

 

けれどもお金の使い方は

何も変わっちゃいないんですよね。

 

高度成長期、バブルの時代は

貯金をしていてもお金は増えました。

 

 

ゼロ金利の今は銀行預金で

お金が増えるなんてあり得ないですよね。

 

 

むしろ物価が上がっているんだから

実質目減りです。

 

 

そんな時代の「お金の使い方」が

今も正しいワケがありません。

 

 

とは言え絶対に必要なことと言っても、

自分が理解するのも子供に教えるのも

なかなか難しいのが「おカネ」です。

 

逆に言えば周りが何も知らないからこそ、

少し知るだけで大きな差ができるんですけどね。

 

例えば僕も

50万円を8年定期に入れていて利息が1500円、

かたや1年投資に回していたら50万円が75万円に増えた。

 

と言う経験をしました。

 

バックナンバーはコチラ。

▶銀行預金していたらお金が減っていた!

https://affi-abc-club.com/bank-deposits-decrease/

 

ただ単に「お金の置き場所」が違うだけで

25万円以上、50%以上の差が出てしまうんです。

 

こんなほんのちょっとの差で

持っているお金の価値は

大きく変わってしまうんですね。

 

お金は自分が働かなくても、

お金を稼いでくれます。

 

それがちゃんと理解出来れば、

お金は使ってもちゃんと自分の元に戻ってきます。

 

それが経済と言うモノなんですけどね。

 

ですから貯金と言うのは、

ある意味投資以上に

慎重に判断しなければならないんです。

 

お金の話って僕もまだまだ勉強中ですが、

『働かずに稼ぐ』の究極系って、

『寝てても稼ぐ』だと思うんですよね。

 

お年玉の話がなんだか

小難しい話になってしまいましたが、

 

要は僕、

本当、死ぬほど労働がイヤなんです。(笑)

 

もちろんそれが、

「自分のやりたいこと」なら全然OKです。

 

けれども、

やりたくないことはやりたくありません。

 

お金の為にやりたくもないことをやるって、

めちゃくちゃ人生をムダにしていると思うんですよね。

 

と言うか子供に

 

「お金は労働の対価だ」

「お金を稼ぐためにはイヤなことも頑張らなきゃならない」

 

なんて絶対に教えたくないですからね。

 

そんな風に教えられた子供が

「大人になったら仕事をやりたい」

なんて思うワケがありません。

 

嫌々会社に行く親を見て、

「早く働きたい」

なんて思うワケがありません。

 

  • 好きなことをしていてもお金は稼げる
  • やりたいことをやってもお金は稼げる
  • お金を稼ぐということは楽しいことなんだ

 

 

子供にそう思って貰えるように、

僕はこれからも『働かずに稼ぐ』と言うことに

フルコミットして行きます^^

 

このメルマガではこう言ったお金の話や、

働かずに稼ぐためにはどうしたらいいかと言うお話なども

シェアしていきたいと思います。

 

今年もどうぞよろしくお願いします。

 

さて、正月だし、

昼間っから飲んだくれますか。(笑)

ではでは、本日はこの辺で。

今年も一年、良い年にしましょう!

 

うめ

 

━━稼げる「テンプレ」を手に入れる━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【公式】Expert Style2.0

 

━━人気ブログランキングに参加しています!━━━━━━━━━━━

 

いつも応援いただき本当にありがとうございます♪

 

お陰様でブログランキング上位をキープできています。

うめは今何位?

 

━━無料相談受け付け中です!━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

周りに相談できる人がいない…

恥ずかしくて今更誰にも聞けない…

うめの言ってること良く分かんねーよ!

 

などなど、どんな些細な事でも良いので

お気軽に質問、ご相談ください^^

▶info@affi-abc-club.com

 

僕も基本一人でアフィリ活動をしているので、

ご連絡いただけるととっても嬉しいのです♪

 

尚、頂いたご相談等はメルマガやブログで

ご紹介させて頂く場合がある事を

ご了承ください。

 

個人やノウハウ等が特定できる情報は

伏せさせていただきますが、

ご紹介を望まれない方はその旨をお伝えください。

 

━━確実にプレゼントを受け取る━━━━━━━━━━━━━━━━

 

不定期でプレゼントを

お渡ししているのですが、

「メールが届かない!」

と言うご連絡を頂く事が度々あります。

 

迷惑メールフォルダに入ってしまうと

せっかくの無料プレゼントが

受け取れなくなってしまいますので、

 

コチラを参考にフォルダ分けして頂くと

確実にプレゼントが受け取れます^^

確実にプレゼントを受け取る方法

 

 

━━メールアドレスを変更する━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

ご登録されたメールアドレスを変更する場合、

以下のフォームよりお手続きをお願いいたします。

 

登録メールアドレスの変更をする

 

 

なお、エキスタ購入者は

別のフォームより配信していますので、

お手数ですがそれぞれお手続きをお願いいたします。

 

 

━━発行者情報━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行者】うめ

【ブログ】アフィリエイトABCクラブ

【連絡先】info@affi-abc-club.com

【特電法】特電法に基づく表記

【アドレスの変更】アドレスの変更方法

【メルマガの解除】メルマガの解除方法

※一度解除されると二度と登録できなくなるので

ご注意ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人のプロフィールはコチラ
無料メルマガ登録
ブログ内検索
カテゴリー
あなたへのオススメ