【ブログ】体験談(失敗談)の書き方

目安時間:約 13分

こんにちは、

『働かずに稼ぐ』ことに
フルコミットのうめです。

 

いつもメールを開封してくださり
ありがとうございます。

 

お陰様で上位をキープできています。

ありがとうございます^^

 

うめは今何位?
https://affi-abc-club.com/blog-ranking/

 

 

さて、先日めっちゃ久しぶりに

出張に行ってきました。

 

 

コロナ禍でずっと出張も

自粛状態だったので、

 

なんかめちゃくちゃ久しぶりに

遠出をしました。

 

 

とは言え公共交通機関は使うなと言う

会社からのお達しで、

片道約350キロのロングドライブ。

 

 

天気も良く、

桜はすでにほとんど散ってしまったけど、

 

若葉って感じの様々な表情の緑が眩しく、

気持ちの良いドライブでした。

 

 

まあ、ずっと閉塞感があったので、

いい気晴らしになりましたよ。

 

 

その出張でちょっと

笑い話があったんですが、

 

と言うか笑い話で済んで

良かったのですが、

 

「これ、ヘタしたら連行騒ぎになるんじゃね?」

 

と言うことがあったんです。

 

 

出張は一泊二日で

前乗りだったんですね。

 

 

久し振りの出張と言うこともあって、

前日の夜はいい程飲みました。

 

 

二人で行ったんですけど、

夕方5時から9時くらいまで散々飲んで、

 

部屋に戻ってからも一人で

500mlと350mlの缶ビールを

飲み干しました。

 

 

んで気持ち良~く眠りについて、

深夜1時か2時くらいに

トイレに起きました。

 

 

ガチャっとトイレのドアを開けた瞬間、

 

「あれ?トイレじゃない」

 

と思い振り返ったら、

 

 

ギー、バタン。

 

 

なんと部屋の出入り口の扉を開けてしまい、

オートロックの扉が

閉まってしまったんです。

 

 

当然ですけど、

鍵なんて持ってません。

 

トイレ行くつもりだったわけですから。

 

 

深夜2時くらい閉め出された僕は

寝ボケた頭をフル回転させ、

 

なんかちょっとウロウロしながら

とりあえず裸足のままエレベーターに乗って

よたよたした足取りでフロントに行きました。

 

 

そしてフロントでスペアキーを貰って

キョロキョロしながら戻り、無事入室。

 

 

いや~、酔ってて寝ボケてたとは言え、

やらかしましたね。

 

 

本当に心の底から幸運だったのは、

ちゃんと部屋着を来ていたこと。

 

 

パンツ一丁で寝る人いません?

パンツにTシャツで寝る人いません?

部屋に置いてある寝巻きで寝る人いません?

 

 

僕は基本、ホテルでは

スウェットか、夏ならハーフパンツスタイル、

もしくはTシャツにパンツなんですね。

 

 

ホテルによく置いてある

浴衣みたいなやつあるじゃないですか。

 

 

あれを着ると何故か

めちゃくちゃはだけてしまうので、

基本的に僕は使わないんです。

 

 

んでこのときは、

ちゃんとスウェット着てた(^^)

 

 

コレがマジで不幸中の幸いでしたね。

 

 

パンツ一丁で一階フロントまで

行かなきゃならなくなったらと思ったら…

 

 

ゾッとするでしょ?(^^;

 

 

まだ全然酒も抜けてないし、

「酔っ払った半裸の男が廊下をうろついてる」

なんて言ったら通報されても

おかしくありません。

 

 

と言うか通報されても

何も言えません。

 

 

裸足とは言え

とりあえず服は着ていたので

事なきを得ましたが、

 

パンイチだったら

マジでヤバかったですね(^^;

 

 

僕は真っ裸睡眠は

落ち着かないのでやりませんけど、

真っ裸で寝る人、いません?

 

 

このメールを読んでいる中にも

必ずいると思うんですよ。

 

 

ホテルの室内で

どんな格好で寝ようが自由ですけど、

真っ裸はマジで気を付けた方がいいですよ。

 

 

万が一にでも僕のように

寝ぼけて入り口の扉を開けてしまったら、

想像もしたくないくらい悲惨な目に合います。(笑)

 

 

「おれはそんなマヌケじゃねーよ!」

と言う声が聞こえてきますけど、

 

寝ボケているときの行動なんて

分かりませんよ?

 

 

なんせ「ボケて」いるわけですから。

 

 

扉を間違えてしまうなんて、

フツウにありそうじゃないですか?

 

 

まあ、僕もサスガに初めて体験ですけど。

 

 

あ、でもこの前家で

夜トイレに行こうとしたら、

 

扉が開いてると思って

思いっきり突っ込みましたわ(^^;

 

 

とりあえず今回は事なきを得たとは言え、

忘れることが出来ない体験をしました。

 

 

こう言うやっちまった体験談て、

ブログにめっちゃ使えるんですよね。

 

 

「ただ単に体験したことを書く」

と言うのが趣味体験ブログじゃないんですよ。

 

 

そう言った経験から学んだこと、

次に活かしたこと、新たな発見とか。

 

 

「真っ裸で外に出たらオートロックがかかった」

 

と言う失敗談も笑い話として良いですけど、

色々な体験をしていると

コレから書いていく記事に厚みが出てくるんです。

 

 

例えばキャンプのブログを作っているとしたら、

「キャンプに行った体験談を記事にして終わり」

ではないんです。

 

 

「キャンプで体験したこと」

が今後の記事を書く糧になるんです。

 

 

例えば初めてキャンプに行っても

色々失敗だらけだと思います。

 

 

服装間違えて寒かったとか、

食材買い過ぎて余ったとか、

火起こしが出来なくてBBQが出来なかったとか、

ランタンのガスがなくなって真っ暗だったとか、

雰囲気で飲み過ぎて次の日グロッキーだったとか。

 

 

色々な失敗があると思います。

 

 

けれど次行くときは

絶対に失敗の数は減っていますよね。

 

 

なぜならすでに体験しているから、

対応出来るようになっているんです。

 

 

体験談を書くには違いないんですけど、

体験することでドンドンと記事が

書きやすくなっていくんです。

 

 

経験すればするほど上手くなる。

と言うのはどんなことでも一緒です。

 

 

当然、ブログ記事も一緒。

 

 

記事の書き方も上手くなれば、

経験値も増して体験談の厚みも

グングン増していきます。

 

 

最初から出来ないなんて

当たり前ですよ。

 

 

僕も最初の頃の

トレンドブログや雑記ブログで

2000文字の記事なんて

途方もない文字数でした。

 

 

けれど趣味体験ブログなら

サクサク打てちゃいます。

 

 

それは興味のあることを書いている、

そして記事を書く経験値、

釣りの体験談がどんどん増えているからに

他ならないからです。

 

 

釣りなんて

30年以上やっている趣味です。

 

 

それでも未だに書けることは増え続けていますし、

小学生の頃の体験談を語ることもあります。

 

 

特に過去の失敗談なんて

ホント貴重なんですよ。

 

 

その失敗があるから今がある。

 

と思えばコレから始める人にとっては

めちゃくちゃ貴重なお話です。

 

 

正直、お金を払ってでも

得たい経験です。

 

 

そう思うと素人時代の失敗なんて、

ガンガンした方が良いくらいですよね(^^)

 

 

失敗をダイレクトに活かして

お金を稼げることなんて、

そうそうないでしょ。

 

 

まあ、僕の寝ボケて

部屋から閉め出されたことも、

忘れられない体験となりました。

 

 

もし真っ裸で

閉め出された経験がある人がいたら、

ぜひ教えてください。(笑)

 

 

ではでは、

今日はこのへんで。

 

 

「ホテルで真っ裸で寝るときは気を付けろ!」

 

と言うことだけ

覚えといて貰えれば、

 

僕の深夜のホテルでのあたふたも

ムダにならなかったと思います。

 

 

アフィリエイトABCクラブ

うめ

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人のプロフィールはコチラ
無料メルマガ登録
ブログ内検索
カテゴリー
あなたへのオススメ